湘南鎌倉人工関節センター

HOME | お問い合わせ | パンフレット | 地 図  
QOL
人工股関節
人工膝関節
医療チーム代表紹介
診断と医療計画
術前検査
医学的知識の提供
術後の痛みのケア
リハビリ
リハビリ管理
環境立地
特徴
交通手段
患者さんの声
お問い合わせ
喜びの声
関連リンク
関連リンク

 

  M
  I
  S
  手
  術

 加齢とともに関節の軟骨がすり減るのは避けられないことで、
極端な場合は痛みを伴い動くことさえできなくなってしまいます。関節の病気には変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死などがあり
ます。骨を切って関節のバランスをよくして治す方法もありま
すが、すり減った関節表面の悪い部分の骨を取り去り、これ
を金属とポリエチレンなどの人工のものに取り替えて、痛
みのない生活に戻っていただくのが人工関節置換術です。
股関節、膝関節を中心に行っています。人工関節のメ
リットは手術直後より痛みの少ない生活ができるこ
とです。当センターは人工関節置換術において
MIS(MinimallyInvasive Surgery)という手術を
受けることができる日本では数少ない施設
です。MISは国際的にも注目されている最
先端技術を駆使した手術で、股関節の場
合、通常15〜20cmの切開が必要だった
従来の手術方法に比べ半分以下(7〜
8cm)の傷口ですみます。傷が小さい
とうことは、筋肉や周辺組織へのダ
メージも最小限に抑えられるとい
うことで、筋力の低下を防ぐことが
でき、また術後の痛みも少なく手術
当日から食事がとれ、歩行練習など
のリハビリの早期開始が可能となり
ます。院内感染などの合併症を防ぐ
ためにも入院生活は短い方が望まし
いのですがMIS手術では1週間程度で
の退院が可能となり、早期の社会復帰
が期待できます。また最近ではさらに
筋肉や周辺組織への負担の少ない手術
テクニックも確立されつつありこれによ
って”日帰り手術”も可能となってきました。今後も、このMIS法を取り入れていく予定です。MIS手術に適さない症例もあり、また技術的に難しく手術できる医師も限られてしまいますが何よりも患者さんに優しいのが最大の特徴であるMISと積極的に取り組み、多くの患者さんに痛みのないQOLの高い生活を送っていただきたい...「湘南鎌倉人工関節センター」はそう願っています。