HOME | 会社概要 | 業務案内 | シーリング | シート防水 | 塗布防水 | 外壁修理 | 施工例 | 地 図 | お問合せ
 
   


  シート防水



アスファルト防水
シ−ト防水には大きく分けてブチルゴム系シ−ト防水と塩化ビニ−ル系シ−ト防水の二つに分けることができます。両者とも主に建物の屋上やベランダに使用され風雨の侵入を防ぐための手段として施工されます。目的や用途により施工方法が変わります。長所は成型品のため品質が安定し作業工程が少ないことなどです。

ビル、マンションの屋上など大きな建物の屋上などに使われることが多く、防水の信頼性が高いことから学校等のトイレや浴室など絶えず水分のある場所にも多く使用されます。施工方法はアスファルト釜という釜に材料を入れ高温で溶かしどろどろになったものを順番に敷き詰めてゆき(イメ−ジ:道路の舗装工事)その後コンクリ−トで押さえるというのが一般的な工法です。ただし、用途・目的により施工方法は変わります。



rogo